英会話を身につける

ペンで書く手元

日本における英会話の始まりは古く明治時代にまで遡ります。明治維新政府が外国人講師を数千人単位で招聘し、生徒に英語を教えていました。しかし、当時の勉強は会話等のオーラルコミュニケーションよりも文法を主体に教えていました。なぜなら、当時は日本に外国人は少なく、どちらかと言えば、外国書物の読解がメインだったからです。英会話の学校が増えてきたのは1980年代になってからです。日本とアメリカの通貨価格が固定相場から変動相場になり、ドルの価格が下がったという背景に影響します。外国人の講師を招く費用が下がったためです。その頃は講師1人に対し、生徒が30人ほどのクラスレッスンが主流でした。それから間もなく、生徒数が10人ほどのサロン式英会話レッスンが出来始めると、生きた英語に触れやすいという点で瞬く間に広まりました。今では、講師1人に対し、生徒が4人ほどのグループ式レッスンが多くの英会話学校で採用されています。さらに、ビジネスマンや主婦の方々も空いた時間で勉強できるように、フリースタイル制度の学校が多く見られる様になりました。

世界には、60億人もの人間が暮らしております。様々な種族、文化の民族が暮らしていますが、世界公用語の第1位は何と言っても英語です。英会話ができなくては、世界の方々と満足にお話しすることも出来なくなります。今でさえ、ビジネスもグローバル化が進んでいます。IT技術の進歩により、未来になれば更にグローバルな会社が増えていくでしょう。近年、小学校から英語の授業を取り入れ、早い段階から英語に慣れ親しむようになりました。さらに授業数はこれから先増えていくと思われます。特に、英会話の授業が増えるでしょう。なぜなら、文法のみの授業だと英語を話すスキルが伸びず、将来外国の方と接する機会でもろくにお話ができないためです。日本人も日本語だけでなく、英語も自然と話せるように英会話を通じて英語を学ぶべきだと思います。日本には、たくさんの外国人が暮らし、仕事をしています。日本人も外国にて仕事する方が多いです。先ほども述べましたが、グローバル化が進む今、英会話は必須なスキルになると思います。